FC2ブログ
大学院入試により面接試験だけで、東大、京大、一橋、東工、慶應、早稲田といった超一流の大学に行ける方法をお伝えしていきます。
2018/08«│ 2018/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2018/10
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
11:39:27
ポイントが高い答案

 格差社会という単語は、現代日本の性格を表すキーワードと言える。戦後日本は比較的格差のない社会ダッタが、90年代からの新自由主義政策の影響により、非正規雇用の常態化、リストラの横行などにより、日本は格差社会になったという指摘が多くなされている。本論文では、教育の視点から、格差社会のメカニズムを論じたい。
 確かに、誰もが学校の勉強を頑張って能力を磨けば、格差社会の負け組にはならなくて済むという見方もできる。しかし、私はゆとり教育が格差を助長したのではないかと考える。
 フランスの社会学者ピエール・ブルデューは、著書「ディスタンクシオン」の中で、ハビトゥスという概念を論じている。ハビトゥスとは、その階級における特有の習慣、行動様式のことである。例えば、上級ホワイトカラーの子弟は親と同じく高学歴になり、親と同じく社会的ステータスが高い仕事に就くことが多く、ブルーカラーの子弟は高い教育を受けず親と同じくブルーカラーになってゆくことが多いブルデュー歯、この現象を、経済資本と文化資本に着目して解明した。上流の家庭では、両親の学問や教養への関心が強く、そうした親の行動様式や習慣、趣向から、子供に高い教育費をかけ、結果的に試験を通過し、高い地位へと登ってゆくのである。一方のブルーカラーの家の子は、親が子供に高い教育を受けさせようと言う発想がなく、読書の習慣があまりないため、子供も教養がなかなか身に付来にくく、難関試験を受けもせず、通過もせず、親と同じくブルーカラーの職に就木、低賃金に甘んじるのである。つまりホワイトカラーもブルーカラーも親の文化に似るということであり、これを文化の再生産とブルデューは名付けた。現在日本の状況を考えてみると、ゆとり教育によって文化資本、経済資本が高い家庭の子は、塾や習い事に通い、メリトクラシー社会に適合的なハビトゥスを身につけるが、そうでない家の子は、そうしたハビトゥスを身につけにくくなっている。つまり、生まれた階層という属性によって、格差が固定化されやすい社会になっているのである。
 以上述べてきたように、ゆとり教育によって、格差社会が助長されている側面が少なくないと私は考える。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://kumonoit.blog.fc2.com/tb.php/90-063ef4b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリ
他の大学院受験情報サイト

大学院受験情報をもっと見る
最新記事
訪ねてくれた人
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
308位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
学校
76位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

JiuJiu

Author:JiuJiu
Gender
男性
Job
SE
Present address
東京都
Self introduction
自分は、中学受験、高校受験、大学受験とすべて失敗しました。しかし、大学院受験では、第一志望に合格することが出来ました。この経験から優れた情報を集めることが最も重要であることを学び、全ての人がwin-winになれるサイトを作ろうと考えました。

アルバイトは、ビルの清掃員(ゴミ掃除、トイレ掃除)、コンビニ、家庭教師、日本語教師を経験。

高校生まで、生き物を飼育することが大好きでした。
シマリスから小さいサメまで飼育したことがあるので、多くの生き物の飼育方法は、大体わかります笑。

このブログは、リンクフリーです。

リンク
このブログをリンクに追加する
トラフィックエクスチェンジ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示